貰ってうれしいギフトとは

誕生日、お中元やお歳暮、会社の創立○周年などギフトにも様々な場面があり、一概には言えませんが、最近は結婚式の引き出物にしても、香典返しにしても、定番商品よりカタログギフトが好まれる傾向にあります。なぜなら、個人の趣向の多様化や引き出物、香典返しの選んではいけないものがカタログギフトですと最初から除外されているなど、大変便利だからです。

香典返しのマナー

香典返し

香典返しの時期はいつ?

香典返しは49日の法要後、だいたい2週間以内に行うのが一般的ですが最近は当日返しといってお通夜や告別式当日に来ていただいた方に帰宅時にお返ししたり、家族葬として香典そのものを辞退したりすることも多くなっています。

香典返しの相場や目安は?

香典返しの目安は昔から半返しと言って、いただいた金額の3分の1から半額をお返しするのが一般的です。また、当日返しの場合はだいたい2,000〜3,000円とし、親戚など高額の香典返しをいただいた方にはあとから、忌明けなどに半返しになるようお返しするのが一般的です。

香典返しにふさわしい品物とは?

香典返しの品物は、あとに残らない物が良いとされているためお茶やお菓子類が選ばれていると言えるでしょう。しかし、お肉やお酒などは宴席をイメージさせてしまうので良くないと言われており、控えることが大切です。

香典返しを宅配などで送る場合

香典返しを後日、宅配などでお届けする場合には、香典をいただいたことのお礼や、忌明け法要・納骨が無事に終わったこと、戒名の報告などを兼ねてお礼状や挨拶状を添付するのが一般的です。なお、後日親戚やご近所に直接香典返しをお届けする場合や、当日返しの場合はこれらを直接口頭で伝えますから、挨拶状などは不要です。

その他香典返しのマナーとは?

香典返しを渡す場合にはのしを付けるのがマナーです。表がき、水引などは地域や宗派によって様々ですが、最近はそれほど厳格に言われることは少なくなってきています。ただし、弔事はお祝い事ではありませんから、外側から見えない内のしが一般的です。

カタログギフトを活用しよう

香典返しも最近はカタログギフトを活用することが多くなってきています。といいますのも、香典返しは選んではいけないものなどのマナーや地域性、宗教性などが他の慶弔事より多く、複雑で、それを厳格に適用するかどうかも受け取る方の考え方や年代などで個人差があります。そういったときに個人で選べるカタログギフトは大変便利なのです。

ギフト選びに困ったらカタログギフトを利用【香典返しの基礎知識】

ギフト

近年の引き出物事情

引き出物は、割り切れない数にする、かさばらない、重くならないものにする、キャラクターグッズなど個人の嗜好性の強いものは避ける、新郎新婦の写真や名前入りのものは避けるなどの一般的なマナーがあります。しかし、最近は、これもカタログギフトや宅配ギフトなどにとってかわられるようになってきました。カタログギフトですと、こういった一般的なマナーは最初から考慮された上で品物がカタログに載っていますし、いただいた結婚祝いの金額によってゲストごとに引き出物を贈りわけることも容易です。また、最初から選べる品物が金額ごとに決まっており、その場で引き出物を渡すわけではありませんので、大きさが違うなどの角がたちませんし、宅配ですので、引き出物の重量などを考慮する必要もないのです。

割引価格でカタログギフトが購入できる

広告募集中