>Column>今更聞けない内祝いについて【意味やマナーなどを学ぶ】

今更聞けない内祝いについて【意味やマナーなどを学ぶ】

内祝

内祝いの基礎知識

内祝いとは「身内に対するお祝い」のことであり、おめでたいことがあった時、周囲の親しい方たちにその喜びを分けるためにお祝いの品を贈るというのが本来のやり方でした。しかし最近では、お祝いをいただいた方に対するお返しとして贈る品物を指すのが一般的だと言えるでしょう。種類としては結婚や出産、そして新築した際に贈るものなどさまざまあり、それぞれにやり方が異なる部分があります。結婚の場合は、披露宴で振る舞われる料理や引き出物が内祝いに相当するため、それ以外に贈り物をする必要はありません。そして出産の場合は、いただいたお祝いの半分程度の額を目安にした品物を贈るのが特徴で、新築の場合は、品物ではなく新居に招いておもてなしすることが内祝いになります。

風呂敷

内祝いを送る際のマナー

内祝いのマナーに関しては、結婚の場合、結婚式にお招きしなかった方からお祝いをいただいた時は、当日に料理等でお返し出来ないため、品物でお返しする必要があります。そしてお祝いをいただいたら、できるだけ早くお礼状と品物を贈る必要がありますが、遅くても1ヵ月以内には贈るというのがマナー(出産の場合も同じ)です。さらに内祝いは、選ぶ品物にもマナーがあり、中には失礼になったりタブーとされたりする品物があるため注意が必要になります。タブーとされているものとしては、現金がまず挙げられますが、商品券なら問題ないとされていますし、相手に選んでもらうということであればカタログギフトもよいでしょう。その他には、お茶やハンカチは縁起が悪いとされていますし、目上の方に文房具や衣類を贈るのは失礼にあたると言われています。

広告募集中