>注目記事>開店祝いに最適なギフトを贈ろう!開店祝いに選ばれるギフト

開店祝いの定番プレゼントとは

開店祝いの定番プレゼントは、やはり現金・商品券・カタログギフト、名前入りの時計や家電品などの品物系、花、お酒などが多くなっています。

花束とアレンジメントの違い

花束を贈ることのメリットデメリットとは?

花束は、開店祝いのセレモニーなどで直接手渡しするときなど、見栄えもしますし、非常に大きな役割を果たします。しかし、生花ですので、あとで花瓶などに生ける必要がありますから、男性などはとくに花瓶の用意がないなどあとで困る場合も多いようです。

フラワーアレンジメントのメリットデメリットとは?

フラワーアレンジメントは、バスケットや花器に専用のスポンジを入れ、そのスポンジにお花を生けていますので、花瓶の準備などの必要もなく、定期的にそのスポンジにお水をしみこませるだけですので男性にとっても後のケアが楽ですが、手渡しなどのセレモニーには向きません。

開店祝いに最適なギフトを贈ろう!開店祝いに選ばれるギフト

花

開店祝いに最適な花の種類とは

開店祝いで花を贈るときの定番は何と言っても胡蝶蘭です。胡蝶蘭はその見た目のよさや存在感、花言葉の「幸せが飛んでくる」「共にする喜び」などから、開店祝いや創立○周年などのお祝いのときに贈られることが非常に多い花です。

男性オーナー向け!開店祝いにおすすめギフト

プレゼントボックス

カタログギフトは今や王道

男性オーナーでも女性オーナーでも、個人にとって必要なものを選べるという点でカタログギフトは最適です。今や開店祝いにおいても王道と呼べるでしょう。

やはり、人気の現金、商品券

開店当時はまだ商売も始まったばかりで、大変な時期です。それに少しでも役立てていただきたいという思いから開店祝いには現金を贈ることも多いです。また、現金では角が立つという思いから商品券も人気です。

品物は男性オーナー向けといえます

男性オーナーは女性より実用性を求める傾向が強く、花を贈るより品物を贈る方が喜ばれます。贈る品は時計や掃除機など実際にオフィスで役立つものとすることが多いようです。

昔からの定番、お酒は男性向け

とくに飲食店の開店祝いではまだまだお酒(日本酒)は縁起の良いものとして人気があります。どちらかと言いますとやはり男性オーナーに人気があり、とくにお酒の好きな方向けのプレゼントとしては最適と言えます。

その他男性に喜ばれるもの

男性オーナーは女性より実用性を求めることが多いので、開店祝いには何が良いか聞いてプレゼントするのも決して失礼には当たらず、喜ばれます。但し、女性より上下関係を気にされる方も多いので、とくに目上の方へ贈るときには腰から下に付けるものや「より勤勉に」の意味を持つ鞄や時計などは避けた方が無難でしょう。

広告募集中